トップページ受講案内テキスト案内会員案内お申し込みカートの中お問い合わせ
サイト紹介サイト詳細三国志劇場休憩室著作案内旺文社版その他
よくある誤解
トラブル解決法

 

神野正史先生の
一般書籍紹介

 











! 

 

 

























! 

 

 
























! 

 

 























! 

 

 



















! 

 

 




























 

神野正史著者ページ

 

















 


おことわり

まだ公開講座の数は少ないですが、順次追加配本されていきますので、長い目でお見守りください。

バカだから成績が悪い?
あ〜あ…、やんなっちゃうなぁ…。
努力はしてるつもりだけど、でも、ちっとも成績が上がらないのは、僕がバカだからしょ〜がないよなぁ…。

なんだって?
んもぉ、ホントにバカだな、キミは。

あらためて正面から言われるとアッタマ来ますねっ!!
そんなヒドイこと言わなくても!

キミは、優秀な頭脳を持っているのに、それを使いこなせもせず、ただ「オツムの出来が悪い」と責任転嫁するとは、バカ以外の何者でもないよ。

え? 優秀な頭脳? バカ? どっち?
どゆこと…???

私は、教壇に立つようになって20年になるが、私の数え切れないほどの教え子の中に、「特別優秀」「特別バカ」と思った生徒など数えるほどしかいない。 片手で足りるほどだ。
あとは全員、オツムのレベルなどドングリだ。

へぇ?
てことは、偏差値30の人も、偏差値80の人も、頭の良し悪しは、あんまり変わらないってことかしら?

そういうことだ。
いままで、東大・慶応に入った子も、三流大学にすら落ちた子も、ピンからキリまで見てきたけど、オツムのレベルなどほとんど変わらないよ。 

え〜〜? そぉかなぁ?
やっぱり偏差値80取る人なんて、元から頭いいんですよ、ぜったい! 僕なんかとはオツムの出来が違うんですよ。

そうではない。
たかが高校レベルの成績ごときで、「オツムの良し悪し」など、関係ない! 断言するっ!
もし、キミがほんとうに先生の言いつけを守って、シッカリ勉強しているのに成績が上がらないというのなら、間違いなく、その教師が無能だからだ。 キミたちのせいではない。

え〜〜〜?
じゃ、そ〜ゆ〜先生は、教え子を確実に成績アップさせられるんでしょうねぇ?

できる!!
いままで、私の提唱する学習法をキチンと守ってくれて、破格の偏差値アップしなかった者など、私の教え子にひとりもいない!
そこに「オツムの良し悪し」という要素など、まったく入り込むスキもなく確実に上がるのだ!

す…すごい自信…。
でも、オツムの出来が成績に関係ないとしたら、その差はどこにあるんでしょうか?

カンタンだ。
「効率的な勉強法」をしているかどうか、ここにかかっている。

効率的な勉強法…?
そりゃ、そ〜ゆ〜のも大切かもしれませんけど…。
やっぱり、「1に努力! 2に努力! 3・4がなくて5に努力!」なんじゃないかしら?

もちろん「努力」は大切だ。 それは否定しない。
だが、その努力も、「効率の悪い勉強法」では、すべて「ザル状態」になってしまう。

ザル状態?
 

穴の空いた器に水を注いで、満杯にさせることはタイヘンだ。
どんなに水を注ぎつづけても(努力しても)、注ぐ器がザル(非効率な勉強法)では、あまりにムダが多すぎる

なるほど!!
僕は、一生懸命、水を注ぐ(努力する)ことにのみに力を入れて、器を取り替え(勉強法の改善)をしていなかったから、なかなか成果が現れなかったってことですね!?

そのとおり!
多少のオツムの良し悪しなど、勉強法の改善でカンタンにカバーすることができる程度の差異でしかない!

何事にも「コツ」があるってことかしら?
 

そのとおり。
どんな業界でも分野でも、トップクラスにいる人たちは、「才能がある人」より「効率のよい努力をしている人」たちの方が多い。

じゃあ、「世界史学習」にも、「効率性の高い学習法」があるってことですね!
オツムの良し悪しもフッ飛ばすような!

もちろんだ!!
「最小の努力で最大の効果」を生む学習法があるぞ。

そんな学習法が!?
は、はやく、その「最小の努力で最大の効果」を生む学習法ってやつを教えてくださいっ!!

教えてあげたいのはヤマヤマだが、ひと言でカンタンに説明できるもんでもないしなぁ…。

そ、そんな、ここまで来ておいて、出し惜しみしないで教えてくださいよ!

い…いや、出し惜しみとかじゃなくて、ホントに、そうカンタンに説明できないんだよ。
こ〜ゆ〜ことは、言葉を尽くして誤解のないように伝えないと、諸君らは、結局、まちがった勉強法をやっちゃうことになるからね。

じゃあ、どうすれば、その「最小の努力で最大の効果」学習法を聴けるんですか?

そうそう!
どうすれば聴けるんですか?

じつは、旺文社から出てる『神野の世界史劇場』っていう参考書に、その学習法解説が書いてあるんだ。
それを手に入れてもらえれば完璧だ!

その参考書に「最小の努力で最大の効果」を生む学習法が書かれているんですか?

そうだ。
とくに、世界史に弱い子には絶大な効果を発揮すること、マチガイなしっ!

すっごい自信ですね…。
でも、それだけ今までの生徒さんから支持されてきた自負ってコトかしら?

そのとおり!
自分で言うと自慢みたいでなんだが、事実なので言うと、予備校での受講生の
支持は絶大だ。

わかりました!
旺文社刊の
『神野の世界史劇場』ですね!
さっそく本屋で探してみます。
先生の言ったこと、ウソだったら、承知しませんからね!

ああ!
一語一句、真実なので、ノープロブレム!
もちろん、キミ自身の努力はいるがね。 健闘を祈る!

あぁん!
私も買ってやってみますぅ!