トップページ受講案内テキスト案内会員案内お申し込みカートの中お問い合わせ
サイト紹介サイト詳細三国志劇場休憩室著作案内旺文社版その他
初めての方へ
世界史ドットコムとは?
よくある質問 FAQ
受講生よろこびの声
カンタン受講システム

 

神野正史先生の
一般書籍紹介

 











! 

 

 

























! 

 

 
























! 

 

 























! 

 

 



















! 

 

 




























 

神野正史著者ページ

 

















 


あとで気になって探してみたけど
どんなに探しても見つからない!
なんてことがありませんように…

会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

[新規会員登録]
おことわり

まだ公開講座の数は少ないですが、順次追加配本されていきますので、長い目でお見守りください。

ネット予備校とは…?

社会進化から取り残されつづけてきた教育
世の中、すべてがめまぐるしい勢いで進化しています。
ついこの間までの「常識」が、今日はまったく通用しない、なんて珍しくない世の中です。
現代に生きる私たちは、つねに、新しいものにアンテナを張り巡らしていないと、たちまち時代に取り残されてしまいます。
明治以来の授業形態ところが、こと「教育」に関していえば、明治初期から140年経った今も、
黒板を前に、チョーク片手に、
教壇に立って、生徒を背に授業をする

──という、基本的なスタイルは、平成の世になる今日においても、明治維新以来、何ひとつ変わってこなかったのです。

時代が生んだ新しい教育方式
しかしながら、「インターネット」という新しい時代の波が、いま、教育界に明治維新以来の一大変革をもたらそうとしています。
インターネットを経由することで、全国のどの家庭にも、一流講師の講義を、安価に配信することが可能となったからです。
「それがそんなに大層なこと?」
はい。
革命的なことです。それを以下に少しく敷衍いたしましょう。



今なぜ「ネット予備校」なのか? @

それでは、具体的に、「ネット予備校」が、いままでの古い教育方式と決定的に違うのは、どこでしょうか。
まずは、明治維新以来の旧い教育システムの致命的な欠陥を見ていきます。

優秀な教師、古今稀なり
ただ「オモシロおかしい授業」する先生なら少なくないかもしれません。
しかし、漫才師ならそれでよいでしょうが、教師は漫才師ではありません。
ただ「おもしろい」だけなら、教師としては「無能」の烙印を押されても仕方ないでしょう。
生徒の興味を魅きつける授業をするなど当然、さらに、「生徒に学問のたのしさを教え、生徒の学力を向上」させてこそ、初めて「すぐれた教師」と言えるのですが、そのような教師はきわめて稀です。
それは、学生たちを見渡せば、ほとんどが「勉強嫌い」ばかりという事実を見れば明らかです。
なんとなれば、それは、ひとえに、彼らが「学問のおもしろさ」を教えてくれる教師に一度たりとも出会ったことがない!ということを示しているからです。

無能な教師はあなたの才能を蝕んでいく
無能な教師は、あなたに「学問のおもしろさ」を伝えません。
しかし、それは、確実に、あなたの才能を蝕んでいきます。
そんな悲劇が、毎日毎日、全国津々浦々で、国家規模で、明治以来ずっと行われてきたのですから、その「国家的損失」は途方もないものとなります。

旧来の教育システムの致命的欠陥
しかし、明治以来の教育システムでは、どうしてもこの悲劇をさけることができません。
学生時代に、すぐれた教師に出会えたか、出会えなかったかで、その後の人生が大きく変わってしまうほど重要なことなのに、今までは運天(運を天に任せる)¥態。
なんとなれば、学生の数に比べて、すぐれた教師の数は極端に少なく、その教師の授業を受けることができる学生の数は「教室の広さ」に限定されてしまうからです。
今までの教育システムでは、優秀な教師に巡り会える確率は「宝クジ」並の低さで、一度たりとも「すぐれた教師」に出会えないまま社会人になってしまう人の方が圧倒的に多かったのです。
これは、旧来の教育システムの構造欠陥≠ニ言ってもいいでしょう。



今なぜ「ネット予備校」なのか?A

ところで、最近急速に普及したきたものに「ネット通販」があります。
ここで、ちょっと閑話休題して、その普及の背景を探ってみましょう。

閑話休題
「ネット通販」は普及するまでは、目当ての商品を探して、一日中、各店を回って歩きつぶしても、なかなか見つからなかったり、あるいは、少しでも安いものを探すために、はるか遠くの店まで足を伸ばしたり……などということは、ごく普通のことでした。
ところが、「ネット通販」が普及した今では、わざわざ買い物に出かけなくても、日がな一日、足を棒にして店から店へ走り回らなくても、自宅のPCの前で、マウスを何回かクリックするだけで、目当ての商品はカンタンに見つかり、日本一安い店から一両日中にも商品が届くようになりました。
便利この上ないため、ネット通販は急速に普及してきました。

ネット通販のような利便性!?
じつは、この「リアル店舗」と「ネット通販」との関係は、「リアル予備校」と「ネット予備校」との関係に似ています。

わざわざ通学しなくても、
自宅のPCの前で、
全国の先生の中から、
もっともすぐれた先生の講義を
いつでも受講することができます。

(わざわざ店舗に足を運ばなくても)
(自宅のPCの前で)
(全国の店舗の中から商品を検索し)
(日本一安く)
(手に入れることができます。)

このように、「教育にネット通販のような利便性」が得られるもの、それが「ネット予備校」です。
ネット予備校なら、全国津々浦々、どこに住んでいても、どんな立場の人でも、いつでも、何度でも、自宅で、気軽に、全国レベルの優秀な先生の授業を、よりどりみどりで受けられるようになるのです。



今なぜ「ネット予備校」なのか? B

日本では、一応、「教育の機会均等」が、憲法で保障され、教育基本法で規定されています。
しかしながら、そうした「すぐれた教師」に師事できる「機会均等」を与えることができない、という点において、旧来の教育システムでは解決不能な致命的な欠陥を孕んでいる、ということは、すでに解説いたしました。
では、解決策はあるのでしょうか。

明治以来の教育革命!
先ほどから申し上げているとおり、これまでは、どんなにすばらしい授業を展開できる優秀な先生がいたとしても、そのすばらしい授業を享受できるしあわせな学生は、ほんのわずかです。
ネット予備校イラストでも、これからは、全国の優秀な教師たちが、ぞくぞくと「ネット予備校」に進出していく時代が到来するでしょう。
ネット予備校の最大の利点は、教師が個人レベルでも、自分の講義を、カンタンに全国に展開することができてしまう ── という点だからです。
そうなれば、全国のすぐれた先生の授業を、誰でも自宅でカンタンに受講できてしまう時代がやってきます!
これはもう、「教育革命」といってもいいくらい革新的なことです。

衛星予備校との違い
「でも、それは衛星予備校も同じでは?」と思いますか?
たしかに、衛星予備校も「首都圏の優秀な先生の講義を全国に配信」しています。
しかし、決定的に違います。
まず、衛星予備校の場合、その初期投資・維持費に莫大な経費がかかるため、大手予備校しか運営できません。
つまり、講師は「大手予備校の首都圏の講師」に限定されてしまいます。
しかし、「優秀な先生」というのは、べつに、「大手予備校の首都圏にしかいない」というわけではありません(というより、大手予備校の有名講師というのは、予備校側の宣伝によって祀りあげられた人が多く、実力の伴わない講師も多い)。
また、維持費がかさむということは、どうしても高い受講料を取らざるを得ません。
これに対して、「ネット予備校」は、それこそ個人レベルでも運営が可能なので、教師なら誰でも、安価に講義を全国展開することができます。
これは、ネット予備校の講師の質が、玉石混淆になってしまう可能性を孕みますが、ほんとうに全国津々浦々の教師の中から優秀な先生の授業を選択することができる、というメリットはそれ以上に大きい。
さらに、自宅のPCで受講できるため、わざわざ予備校に通う必要すらありません。
ということは、衛星予備校とはちがって、学生に限らず、
大学生・社会人・主婦なども気軽に生涯学習をたのしむことができます

ネット予備校ぞくぞく登場!
ただ、現在のところ、まだ「ネット予備校」が普及しているとはいえず、「すべての教科、全国の優秀な先生たちの講義がよりどりみどり♪」というわけにはいきません。
「すべての教科」に「全国レベルの優秀な講師」が揃うまでは、もう少し待たなければならないでしょう。
バナー(物理ネット予備校)ただ、その体制は着々と整備されつつあります。
たとえば、単科予備校としては、田原先生の「物理ネット予備校」がありますし、
バナー(ネットゼミ)右記の「ネットゼミ」のように、総合予備校としてのネット予備校もぞくぞくと生まれつつあります。
 
バナー(世界史ドットコム)もちろん、世界史に関しては、「世界史ドットコム」があります。

ネット予備校時代到来!
「ネット通販」が生まれるや、その圧倒的利便性のおかげで、アッという間に社会に根付いていったように、これから、「ネット予備校」も、ぞくぞくと生まれ、定着していくにちがいありません。
今後、ネット予備校に注目です!