トップページ受講案内テキスト案内会員案内お申し込みカートの中お問い合わせ
サイト紹介サイト詳細三国志劇場休憩室著作案内旺文社版その他
サイトマップ
特定商取引法に基づく表示
個人情報保護行動指針
SSL通信とは?

 

神野正史先生の
一般書籍紹介

 










! 

 

 










21











! 

 

 













 













! 

 

 
























! 

 

 





















! 

 

 

























! 

 

 
























! 

 

 























! 

 

 



















! 

 

 




























 

神野正史著者ページ

 

















 


おことわり

まだ公開講座の数は少ないですが、順次追加配本されていきますので、長い目でお見守りください。

SSLとは?
通信の暗号化 盗聴 改竄 なりすまし 否認 クライアントPC サーバSecure Sockets Layer の略で、WEB ブラウザと WEB サーバ間で情報を暗号化して通信するためのプロトコルです。
通常、インターネット上では、Web サーバとInternet Explorer などの Web ブラウザの間では『 HTTP 通信』という通信技術が使われておりますが、 残念ながら、この HTTP 通信は簡単に盗聴されたり、改竄(かいざん)されてしまう危険性があります。
そこで、インターネット上で大切な情報を安心して送信できるように開発された新しい通信技術、それが SSL 通信です。

SSLの利用
ただ閲覧するだけなら、 HTTP 通信でもまったく問題はありませんが、クレジットカード情報などを入力するオーダーフォームや、問合せ・資料請求・アンケートなど、お客様情報を扱うページは、HTTP 通信では危険が伴います。
そのため、そのようなページでは、SSL 通信の利用が欠かせません。
オンラインショッピングのオーダーページ 例 お客様情報 名前・住所・電話番号・メールアドレス・クレジットカード情報・オーダー情報等 問合せ・資料請求・アンケート・キャンペーン申し込みなどの情報入力ページ お客様情報 名前・住所・電話番号・請求内容・メールアドレス

SSLページの警告ウィンドウ
このように、SSLページは、機密性の高い有用な通信形式ですが、閲覧する際、パソコンの設定によっては、いちいち下記のような警告ウィンドウが開くことがあります。
もし、下のような警告ウィンドウが開いたら、[はい(Y)]をクリックしてください。
セキュリティ情報

このような、「いちいち[はい(Y)]をクリックするのがメンドくさい!」という方は、これを表示させないように設定を変えることもできます。
1) Internet Explorer のメニューバーの
  [ツール] - [インターネット オプション] をクリックします。
2) 「セキュリティ」タブをクリックします。
3) “インターネット” を選択した状態で、[レベルのカスタマイズ] をクリックします。
4) “混在したコンテンツを表示する” の項目で、“無効にする” を選択します。
5) 最後に、[OK] をクリックします。

SSL通信利用の確認方法
SSL を利用したページでは、URLが「http://」からではなく「https://」から始まっていますので、誰でもすぐに確認できます。
また、インターネットエクスプローラを利用している場合は、右下に鍵のマークが表示されます。
大切な情報を入力する際は、必ず SSL 通信がされているページであることを確認するようにしてください。 これがないサイトで個人情報などの記入をすることは、たいへん危険が伴うことを知っておいてください。

当講座では、個人情報などを入力するページ、すなわち、「お問い合わせページ」や「ご注文ページ」などでは、すべて SSL 通信となっております。
上図の赤丸印のところを確認の上、どうぞ、安心してご利用ください。
万一、アクセスできなかったり、情報入力ができない場合は、SSL 通信に対応していないブラウザをご利用している可能性があります。
SSL 対応のブラウザでアクセスしてください。